読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろくまの生活

しろくまが細々と生きています。雑記帳になるかもしれません。

お金がない。お金が欲しい。

お金 考え

 

正直ね、正直ですよ。

お金がありません。

 

 私は大学生。親に十分な仕送りをしてもらっています。だって今まで「生活費を稼ぐ」っていう目的でバイトしたことないし。むしろまともに長期で働いたことないし。でも、というか、だから、お金がありません。

 

私にお金がない理由

1.分不相応な物欲

 私は、シンプルライフや、最近でいうところのミニマリズムみたいなライフスタイルにあこがれて生きてきました。多分これからも、シンプルを、無印良品を愛して生きていくんだと思います。

 でもですよ、シンプルライフには金がかかるんです!

 裁縫だって編み物だってビーズ細工だって手を出しました。不器用だし堪え性がないし、あこがれだけだったのですぐに挫折しました。デルフォニックスのインナーキャリングだって使い道もよく考えず素敵だから買いました。ちょっと文房具オタみたいなのが素敵だなって思ってアレコレ買っていた時期もあります。ミニマリズムだって物が全くない放浪ホテル暮らし系じゃなくて、好きなものだけに囲まれた素敵な生活系(これは本来のミニマリズムじゃない気はしていますが)になりたいんです。

 リンネル読み漁ってるんです!

 

今使っているローソンでもらった皿じゃなくて、イッタラのお皿にしたい!

常備菜なんか作ったことないけど、野田琺瑯のタッパが欲しい!

風呂ギライだけど、ボタニカルなボタニストのシャンプーに変えたい!

スマホとかよくわかんないけど、iPhone6s+が欲しい!

スポンジだって3コで100円のじゃなくて、

無印良品の1コ150円もするやつが使いたいんです!

 

 そういう夢を、叶えたり叶えなかったりして生きてきました。

 少しだけ頑張って夢を叶えても、あんまり満足せず、

 また、その頑張りのせいでお金がありません。

 

2.分不相応な遊び

 私は旅行が好きです。あちこち行きたいです。今住んでいることろが北海道なので、車で3時間ですぐに観光地についちゃったりします。車じゃなくてもJRでもバスでも行けるし、とにかく行こうと思えばすぐ行けます。

 あと、北海道はご飯がおいしいです。別にほかの地域と比べてるんじゃなくて、とにかくおいしいのです。各地に海産物やら農産物やらの名所があるし、ふらふらネットサーフィンしてても「北海道に行くならココ!」みたいなのがすぐ出てきます(気のせい?)。まあ、それくらいおいしいのです。1人で行くことはないですが、人に誘われたらついていきます。

 こんな感じでちょこちょこ浪費していると、お金が無くなるのです。

 旅行に関しては、貯金してから行くので、『旅行の予算÷残り月数』の金額を貯金していくと、必然的にお金がないです。外食は交際費に入れていますがたまに予算オーバーします。でも誘われたらついていきます。おいしいし、たのしいし。

 

 って感じでやっているのでお金がありません。

 

だから、バイトします!

 緊張しいで知らない人と話すのが苦手で、今までまともなバイトをしたことがなかったんですが、バイトを始めようと思います。お金がないお金がないと書いてきましたが、めちゃくちゃお金が欲しいわけではないので、時給は気にせず、でも、自由な時間が好きなのでめちゃくちゃ働いたりそれなりに働いたりできそうなところにしたいと思います。

 今、目をつけているのはテレアポです。テレアポがなんの略かは知りませんが、働きやすそう辞めやすそう、時間の融通が利きそう、ということで、やりたいと思います。たぶん。この記事を書いて、踏ん切りをつけるつもりなんです。

 

ではでは。