読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろくまの生活

しろくまが細々と生きています。雑記帳になるかもしれません。

大学生のプリント類の整理。

 プリント類の整理方法です。

 今まで2年間、1年前期1年後期2年前期2年後期と4回テイストを変えながらプリント、ノート類の整理について模索していました。自分に合いそうな方法はあらかた試したと思うので、まとめです。

プリント類の整理

 まず、授業で配られるプリントについて。大学の性質もあるかと思いますが、配られるプリントの枚数が半端じゃないので、全教科一括でペラいクリアファイルに入れちゃうのは不可能(実行している友人もいましたが、5㎝くらいの厚さになっていました)。しかし、毎日5科目も授業があるわけではなく、ばらつきが多いため、5つファイルを持っていくのは不経済だし、5つもファイルがあると、ファイル自信の重さや厚さで試験期間はカバンがパンパン(計画的でないので、そのときにやりたい科目を勉強したい)。

とりあえず、以下の3点を満たすように考えました。

  1. 忘れ物、取り違え防止のため管理するファイル数を減らしたい。
  2. 毎日のことなのでファイリングを簡単にしたい。
  3. 最悪、いっぺんに全部カバンに入れられる。

 試した方法

  1. リング式2穴ファイルを使う。
  2. 40ポケットクリアファイルを使う。
  3. 蛇腹ファイルを使う。
  4. ルーズリーフバインダーを使う。

 ノートはすべてルーズリーフです。これだけじゃさっぱりわからないので、項目ごとに説明。灰色部分は繰り返しになっています。ちなみに、私はどの方法でも2冊に収まっていました。2冊ならカンケンにはすべて入りました。

  1. リング式2穴ファイルを5科目1冊くらいの割合で用意する。科目数が多いなら、曜日ごとに5冊用意してもいい。おすすめは多少科目数がオーバーしても「月火水」「木金」と連続で分けること。忘れ物が減る。ファイルを教科ごとに仕切り、プリントを穴あけパンチで開けて収納。2穴なのでルーズリーフももちろん入る。A3というバカでかいサイズのプリントも折れば問題なし。メリットデメリットリットはプリントがすべて独立しているので、探しやすいこと。デメリットはとにかく穴をあけるのがめんどくさい。穴から破けてくるので、補強シールを貼らなければならないこと。
  2. 40ポケットクリアファイルを5科目1冊くらいの割合で用意する。科目数が多いなら、曜日ごとに5冊用意してもいい。おすすめは多少科目数がオーバーしても「月火水」「木金」と連続で分けること。忘れ物が減る。もらったプリントの頭に教科名を書く。時間がたつとなんの科目かわからなくなることがあるため。ほんとに。ここから先はフィーリングで、プリントが多そうな科目少なそうな科目を見極め、ファイリングする。1つのポケットに10枚くらいプリントが入っていても気にしない。ルーズリーフもガンガン突っ込んでいく。メリットデメリットメリットは、持ち運びが軽いことファイリングの手間がかからないこと。本当に楽です。デメリットはフィーリング任せなので、細かい人は合わないかと思います。2年生以降になると先生の特性などつかめてくるので割とちゃんとできます。時系列はぐちゃぐちゃになりやすいです。あと、紙を入れすぎるとふとした瞬間に全部出てきます。期末らへんは大きいクリップで上をふさぐと吉。
  3. 蛇腹ファイル5科目1冊くらいの割合で用意する科目数が多いなら、曜日ごとに5冊用意してもいい。おすすめは多少科目数がオーバーしても「月火水」「木金」と連続で分けること。忘れ物が減る。蛇腹ファイルというか、仕切りファイルというか。100均でも売っています。下の画像のようなものです。f:id:sirokuma29:20160303181611j:plainhttp://lohaco.jp/product/9023768/                      一区切りごとにインデックスが付いていることがほとんどなので、そこに科目名を書きます。ついてなかったらインデックスシールを貼ります。あとは、ノートもプリントも科目ごとに入れていくだけです。手前か奥のどちらから入れるか決めておくと時系列もずれません。メリットデメリットメリットは、持ち運びしやすいことです。取っ手が付いているタイプもあるので、4つの中では持ち運び安さ重視ならNo.1だと思います。ほいほい放り込むだけなので、管理は楽だし、時系列もずれにくい。デメリットは、ただ放り込んでいるだけなので、枚数が多いと欲しいページを探すのに時間がかかります。あと、100均以外だと、13ポケットなどとめちゃくちゃポケット数が多いので、もったいない感じがします。でも13ポケットフル活用すると重さで死にます。100均だと、期末ごろにはファイルの底が破れたりします。使い方だとは思いますが。
  4. ルーズリーフバインダーを5科目1冊くらいの割合で用意する科目数が多いなら、曜日ごとに5冊用意してもいい。おすすめは多少科目数がオーバーしても「月火水」「木金」と連続で分けること。忘れ物が減る。バインダーに、ルーズリーフ用のファイルと仕切りを追加。ノートは普通にファイリングし、プリントはルーズリーフ用のファイルに入れて、科目ごとに分けられた仕切りにはさむようにして管理。普通の使い方ですね。メリットデメリットメリットは、探しやすい、整理しやすい、移動も楽。デメリットは、一枚一枚ファイルに入れて管理する手間があること。見やすくするためには、面倒くささがつきものです。

 

 以上、4種類の方法を解説しました。

 次期、私が選ぶ方法

 次回は、私は新しいファイリングに挑戦せず、「3.」つまり、蛇腹ファイルを使用して管理していきたいと思います。

 ルーズリーフバインダーの方法が1番美しくまとめられますが、なにより面倒だった。ずぼら管理、サイコーです。時系列もそろいやすく、ファイリングも楽な蛇腹ファイルを使っていた時が1番良かったなという確かな実感があります。初期投資だけすれば、後々買い足すものがないのもストレスがたまりません。13ポケットの半分くらいしか使っていないのも気にならないタイプなので、次期は蛇腹ファイルで頑張ります。余った部分には試験対策の時に作ったノートを放り込めばちょうど良くなるだろうという目論見もあります。

 

結び

 使い勝手や重視する部分はは人によって違うと思いますが、自分の感じたことをしっかり書いたつもりですので、参考になればありがたいです。他にも、私には合わないと思い、試していない方法もあるので、思いつくだけ書いておきます。ご活用ください。

  • 1科目ごとに1クリアファイルをあてがう。
  • 1科目ごとにペーパーファスナーを使う。
  • 1枚ずつスキャンしてデジタル管理。

 自分の興味のないことは覚えていないものです。あまり参考にならないかもしれませんが、一応書いておきました。

 

ではでは。

 

↓ ぽちっとしていただけると幸いです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ にほんブログ村 大学生日記ブログへ